さあ、いよいよタネ銭を貯めはじめましょう!

この段階ではまだ運用などを本格的に考える必要はないと思います。

では、タネ銭の額はいくらぐらいが妥当なのでしょうか?

 

 

富裕層の定義のひとつが金融資産1億円なので 、タネ銭は1000万円程度が妥当な金額だと思います。この数字に論理的な根拠はありませんが、経験上1000万円の壁は最初に乗り越えるべき心理的なハードルだと思います。

 

 

タネ銭の貯め方として最も効果があるのは下記です。

 

 

1. 給料天引き

2. 大きな消費の見直し

3. 節約術

 

 

①と②については、最優先でまず理解しておく必要があります。

③の節約術は、キャッシュフロー的には前2者ほど劇的な改善を見込めません。しかし、ここで意識改革をすることで、今後の人生の考え方や行動パターンが変わることになります。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター