タネ銭を貯めるのに節約術も必須です。もちろん、給与天引きや大きな出費の見直しほどには額が大きくなく即効性に欠けます。しかし、”節約”しようと思う気持ちが大事なのです。

 

 

といっても、トイレの受水槽にペットボトルを沈めておく等の、あまりに近眼視的なものは意味が無いと思います。巷には節約本がたくさん溢れていますが、 得てしてこの類の本が多いのも事実です。

 

 

タネ銭を貯める節約術と近眼視的な節約との線引きはどうすればよいのでしょうか?実務的には固定費用変動費用に分けるとよいと思います。つまり、毎月必ず掛かる固定費用と、外食などの変動費用に分けるのです。

 

 

節約初心者は変動費用の方に注意がいきますが、実は固定費用を削減することが重要なのです。前項で説明した大きな出費は、実は固定費用なのです。もちろん変動費用だからといって湯水のごとく使うのは論外ですが、基本的な考え方として固定費用を上げる場合には、より慎重になる必要があります。

 

 

具体的な節約術のヒントは、となりの億万長者なぜ、この人たちは金持ちになったのかに登場する蓄財優等生にあると思います。詳しい内容はこの著書に譲りますが、蓄財優等生のような合理的な考え方は学ぶべきところが多いと思います。

 

また、オランダ式 簡素で豊かな生活の極意 もお勧めです。小手先のことではなく、消費の大元、基本的なことに関する記述が多いので、勉強になると思います。

 

 

管理人もこの本を読んで、消費に関する合理的な考え方を体得しました。 富裕層を目指す方には、是非一読していただきたい書籍だと思います。

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター