資産形成をする上で資金(=タネ銭)は必要不可欠です。親から何らかの資産を継承する場合は問題ないですが、ゼロからまとまった資金を作るのは容易なことではありません。

 

 

富裕層に到達するためには、いくつもの高いハードルを越える必要がありますが、資金作りは最初のハードルです。ほとんどの人がこのハードルを越えることができずに富裕層への道を諦めます。

 

 

ただ、ここである程度まとまった資金をつくることができれば、そのこと自体が大きな自信につながります。親から継承した資産を上手く運用して富裕層に到達した(もしくは維持する)方は、この最初の最も難しいハードルをクリアした経験がありません。

 

 

このことが原因で二代目のレッテルを貼られて、精神的にストレスを感じる方が多いのは事実です。ゼロから始める場合には、このようなストレスとは無縁なので、精神的に気楽だと思います。

 

 

もちろん、実際問題として最初から資産がある方が、成功率は圧倒的に高いです。理由として下記のことが挙げられます。

 

 

  • 最初のハードルを無試験で通過できる
  • 最初から資産のある方が、若いうちからトレーニングを積める
  • 継承した資産の額によるが、ある程度の失敗は許容される

 

 

管理人が、金融資産1億円越えを達成したのは37歳時でしたが、資産を親から継承した人たちは20歳台から、相応の経験をしています。つまり、管理人よりも10年以上のアドバンテージがあるのです。いわゆるエリート教育ですね。時間を買うという意味では親からの継承は非常に大きな財産だと思います。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター