管理人の場合、収益性を毀損しない範囲で固定費を削減することに注力しています。

 

 

例えば、不動産経営に関しては所有物件に 水道バイパス工事 を積極的に導入しています。これは受水槽や揚水ポンプを使用している物件を、水道管からの直結給水に変更する工事です。この工事により、下記のごとくのメリットがあります。

 

① 低圧電力契約が不要になり電気代の削減できる(3~4000円/月)

② ポンプ故障や漏電などのトラブルから開放される(~30万円/回)

③ 受水槽やポンプメンテナンス経費を削減できる(~4万円/年)

 

工事費が5万円前後なので、投資効率が非常に高いと思います。

 

 

 

また、通信費の削減のために携帯電話をウィルコム に変更することも手軽にできる固定費削減方法だと思います。ウィルコムは携帯電話ではなくPHSです。スマホ全盛のご時世に、いまさらPHSに変更とは完全に時代に逆行しています(笑)。

 

 

しかし、ウィルコムは国内の全ての固定電話や携帯電話への通話料が10分間無料なのです(ウィルコム同士は2時間45分まで無料)。また、他社へのメールも無料なので、非常に固定費削減効果が高いと思います。

 

 

管理人も家族ぐるみでソフトバンクからウィルコムに変更しました。回線がつながりにくいかもしれないという不安感がありましたが、通常の携帯電話とまったく差はありませんでした。気軽にすぐに電話する習慣がついたので、時間を大幅に節約できるようになりました。管理人の場合、ウィルコムへの変更による固定費削減効果は6~7000円/月なので非常に満足しています。

 

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター