富裕層にいたる道は、もちろん一本ではありません。登山と同じで、頂上に至る道は何本もあります。自分の力で富裕層に到達した人々は、それぞれ独自のノウハウや経験を積んできているのです。

 

 

たとえば、類稀な身体能力を生まれ持った人は、イチローや錦織 圭のようにプロのスポーツ選手として富裕層の仲間入りを果たします。また、著名な芸能人や漫画家になることでも、富裕層の仲間入りは可能です。

 

 

しかし、これらの人たちは、富裕層の中では少数派です。 何事においても事例研究が大切です。それでは、実際の富裕層はどのような人々なのでしょうか?

 

 

アメリカ合衆国の富裕層研究の第一人者であるトマス・J. スタンリー博士の名著、となりの億万長者によると、いわゆるスモールビジネスのオーナーが、富裕層の最大多数を占めるとのことです。

 

 

一方、日本においては少し様相が異なります。橘木教授の日本のお金持ち研究によると、経営者と開業医が富裕層の2大職種とのことです。

 

 

 


ただし、起業して成功するのが富裕層への近道と思ってはいけません。確かに富裕層に占める経営者の割合は高いですが、起業して成功する確率は数パーセント程度でしょう。



実際、管理人もいくつかのビジネスを立ち上げた経験がありますが、死ぬほどの努力をしても”運”に左右される要素が多く、とても万人に勧められたものではありません。

 

 

一番のお勧めは、月並みですが会社員を続けながら資産運用・節約術・不動産経営などを組み合わせて、ゆっくりですが着実に資産形成することだと思います。



もちろん時間はかかりますし、一代では純資産5億円超の超富裕層に到達することは難しいという問題点はあります。それでも多くの人にとって最も実現する可能性が高い戦略だと思います。

 

 

管理人も最終的にはこの方法で富裕層に到達しました。ただし、この道ももちろん険しいです。非常に幅広い分野の知識や経験が要求されますし、自制心・勇気・恐怖に打ち勝つ精神力が必要です。 

 

 

これだけ厳しい経済環境下で、何も考えずに普通にやっているだけでは絶対に富裕層に到達できません。東京大学や医学部に合格するためには、かなりの勉強量が必要なことと同様に、いやそれ以上に明確な戦略と努力が必要なのです。

 


管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター