会社員は、基本的には所得税・住民税とも源泉徴収されています。したがって実際どの程度の税額が課税されているかを正確に把握している方は少ないと思います。

 

 

本気で富裕層を目指す方は、年収700~1000万円程度の人が多いと思います。では年収1000万円の手取りはいくらかと言いますと、ざっくりですが700~800万くらいです。しかし、これでは税金の負担をさほど実感できないと思います。では具体的に考えてみましょう。

 

 

例えば、年収1000万円の人が、副業で毎月15万円(年間180万円)を得ている場合を考えています。年収1000万円では課税所得金額が800万円くらいになります。この場合の税率は所得税が23%、住民税が10%の合計33%です。

 

 

副業で稼ぐ180万円にかかる税金は、180万円×33%=59.4万円となります。つまり稼いだ額の2/3しか手元に残りません。

 

 

更に、年収1300万円の方の場合は、課税所得金額が900万円を越えてきます。この場合の税率は所得税が33%、住民税が10%の合計43%です。副業で稼ぐ180万円にかかる税金は、180万円×43%=77.4万円となります。稼いだ額の半分程度しか手元に残りません

 

 

半分しか手元に残らないと思うと、勤労意欲が削がれてしまいますね。しかし例えば親を一人扶養に加えることで、38万円×0.43%=16.34万円も手元に残るお金が増えます。このように、税制を知ることで、比較的簡単・確実に手元に残るお金を増やすことができるのです。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター