経済的に自由な状況に到達すると、ハッピーリタイアが視界に入ってきます。一般的に不動産投資はやり方次第で理想的な収入源なるので、不動産オーナーの方でリタイヤされている方が多いです。

 

 

以前、リタイヤされた元サラリーマン大家さんのインタビュー記事を拝読しました。この方はサラリーマンから逃げ出したのではなく、新しい世界を切り開くために前向きな目的でリタイヤされました。

 

 

このこと自体は非常に共感を覚えたのですが、リタイヤ後の財務状況を拝読すると少々心許なさを感じました。この方は成功した有名サラリーマン大家さんなのですが、不動産収入の手残りは2000万円とのことです。ここから更に生活費が控除されます。

 

 

更に不動産では経年的に物件価値が落ちてくるので、その分の減価償却費や修繕費も控除しておくべきです。したがって、手残り2000万円といっても新たな投資に使えるフリーCFは、数百万円程度になるのではと予想されます。

 

 

成功していると言われているサラリーマン大家さんであっても、リタイヤした場合には手残り金額がこの程度にしかならないことに愕然としました。やはり、相当上手に運営しても不動産賃貸業で大儲けすることは難しそうです。

 

 

阿鼻叫喚の厳しい経済状況になると、不動産市場でもチャンスの窓が開きます。そのときに銀行融資を引くために必要なモノは無担保資産と属性です。基本的にサラリーマン大家は地主系の方と比べて巨大なハンディを負っています。

 

 

このハンディとは主に純資産額からくるものです。地主系の方が数世代に渡って蓄積してきた資産額には、まだ始ったばかりの1人のサラリーマン大家ではなかなか対抗できないのです。つまり、1 対 複数人という構図です。

 

 

サラリーマン大家の唯一の武器は、給与所得という安定収入のある属性の良さです。好景気の現在では銀行もリタイアした元サラリーマン大家に積極的に融資を実行しますが、厳しい経済状況下では新たな融資を受けることが難しくなることが予想されます。

 

 

チャンスを掴む武器がそれほど残債の減っていない不動産からのフリーCFのみというのは少々心許ないので、現在それなりの企業に勤めているのなら、がんばって勤め上げるのも選択枝のひとつだと思います。

 

 

もちろん、リタイヤするしないは人生計画が密接に絡んできます。新しい分野に挑戦するための前向きで建設的なリタイアであれば、非常に好ましいものだと思います。

 

 

しかし、単に手元に残る額面上の賃料収入が給与所得を越えたからと言ってリタイヤすることは、極めて危険な行動だと考えます。手元に残る賃料収入の大半は利益の先食い(=建物の減価償却や修繕費)であるとことを認識することが重要なのです。

 

 

管理人はまだまだリタイヤするつもりは毛頭ありません。代々の資産家との差は歴然としており、チャンスの窓が開いたときに自分の力(=収益力や資産)だけでモノにできる自信が無いのです。しかし、恐慌下でチャンスをモノにできれば・・・、そのときにはリタイヤを真剣に考えたいと思います。

 

 

 

 

・ リタイヤする際に考えておくべきこと

・ 配偶者の教育を考える

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター