個人の権利意識の高まり・相続人の経済格差・不動産や自社株のような分けにくい財産の存在・遺留分の存在によって争族は発生します。

 

 

争族回避の最大のポイントは、遺言書作成につきます。そして遺言書といっても「公正証書遺言」で作成する必要があります。自筆証書遺言では、全く争族対策にはならないのです。

 

 

遺言書を作成する際のポイントは下記の4点です。

 

  1. 事前の話し合いにより、合意形成
  2. 公正証書遺言で作成する
  3. 遺留分に注意して作成する
  4. 遺言執行者を指定しておく

 

 

尚、遺言執行者は親族に依頼することも可能ですが、客観性や適切な事務処理を担保するためにも弁護士に依頼することがベストです。

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター