以上、資産管理の重要性を論じてきました。今後の資産承継は、法人を活用するのが望ましいですが、全てを法人で対応することも難しいのも事実です。

 

 

個人レベルでの資産承継に関しては、贈与を最大限活用することで納税額を大幅に減らすことが可能となります。贈与は暦年贈与が基本です。310万円以下では税率10%なので、これを毎年贈与し続けることで、10年間で約3100万円の現金を、200万円納税するだけで贈与することが可能となります。

 

 

これは、長年に渡って計画的に贈与を継続することが必要になるので、相続を意識し出してからでは間に合わないことが多いです。また、実行にあたっては贈与契約書を交わし、公証役場で確定日付を付してもらう等の対策が必要になります。詳細は税理士に確認することを強くお勧めします。

 

 

贈与は現金だけでなく、不動産の共有持分の贈与も可能です。もちろん、毎年暦年贈与の申告はしますが、不動産の登記は費用も掛かるため、3年に1回でも問題ないそうです。

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター