資産管理・財産承継の戦略は下記の3つのポイントがあります。

 

  1. 結論から考える
    • 最終的なゴールは何か?、成功の尺度は何か?、所得税の軽減?、相続税の軽減?
  2. 全体から考える
    • 今年だけでなく20~30年の長期的な視点から考える
    • 全体最適 ⇒ 全体資産を考える
  3. しないことを決める
    • 選択と集中 ⇒ 持つべき資産と捨てるべき資産を決定

 

 

1、結論から考える ですが、成功の尺度を定量的に測定する場合には、以下のような例があります

 

  1. 今年1年間のファミリーの所得税・住民税を最小化する
  2. 将来の相続税+毎年の贈与税額を最小化する
  3. 相続発生を10年後とした場合、10年間に支払う所得税・住民税+相続税を最小化する
  4. 相続人に限りなく平等に分割するか、特定の相続人に集中するか

 

 

2、全体から考える ですが、全体最適を求めるのがこれからの時代に必要とされます。つまり、下記の対策を同時実行することで、全体最適をを志向することです。

 

・ 金融ポートフォリオ

・ 不動産・自社株対策

・ 資産保有会社設立

・ 生命保険対策

・ 贈与対策

 

 

3、しないことを考える とは、選択と集中を実践することであり、維持する不動産、活用する不動産、売却する不動産の峻別を行います。各不動産を維持、活用、売却の有線順位を定量的に決定することで選択と集中を実行していくのです。

 

 

財産の承継にはポイントがありますが、これには大局的な流れを把握する必要があります。今後の国の税制の動向は、国際競争力維持の観点から下記のごとくの方向性が予想されます。

 

  • 個人所得税・住民税増税  ⇒  個人のフロー減少
  • 相続税増税          ⇒  個人の資産ストック減少
  • 法人税減税予想       ⇒  法人の内部留保は増加

 

 

以上から導かれる対策は、下記のごとくとなります

  • 資産は個人による直接保有から法人による間接保有
  • 資産管理法人(資産保有法人)の活用

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター