②のホームエクイティローンに関してはドルフ・デ・ルースが有用性を説いていますが、2007年以降の米国のサブプライム危機の一因となりました。また日本においてもバブル期まで「含み益経営」としてもてはやされていた手法です。

 

 

つまり、所有する不動産の正味価値(ホームエクイティ)を担保にして、この正味価値までを融資限度にして組まれたローンのことです。米国では個人がリフォーム費用や医療費、教育費などを調達する際に一般的に利用されています。

 

 

ホームエクイティローンは、低金利状態で不動産価格が上昇する局面において有効な資金調達方法ですが、不動産価格が下落局面に転じると債務超過を招くため2007年以降の米国や1992年以降の日本のように厳しい状況に追い込まれます。

 

 

しかし、本来価格よりも不動産をかなり安価に購入できたなら、市場価格が多少上下しても債務超過になることはありません。特に実勢価格に比べて金融機関が高い評価を出している不動産を所有していると、その不動産を担保にして資金を調達することが可能になります。

 

 

この手法はあまり一般的にはお勧めされることはありませんが、債務超過になる危険性があることを充分理解した上であれば、不動産を売却して税金を支払うことなく資金を調達できる有用な選択枝となります。

 

 

実際、管理人も太陽光発電を導入する際の資金調達でこの手法を利用しました。太陽光発電施設のような動産は銀行の担保にはなりませんが、担保価値の高い物件を担保に差し出すことで非常な低利で有利な資金調達が可能となります。

 

 

 

 

・ 現金を手元に残す 1

・ 現金を手元に残す 2

・ 現金を手元に残す 3

 

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター