資産を買うということ その2

 

資産を買うということ その1 のつづきです。

 

 

資産を割安な価格で購入するには、下記のごとくの条件が必要です。

 

  1. その資産のもつ本質的な価値を、できるだけ正確に評価する
  2. 充分に価格が下落するまで、その資産の購入を控える

 

両方とも当たり前のことなのですが、実際に行動に移すとなると非常に難しいです。まず、資産の持つ価値を正確に評価することは至難の業です。更に資産価値というのは刻々と変化していくため、あまり神経質に追求しても仕方ないと思います。

 

 

管理人の場合は、シンプルに評価しています。例えば株式であればバランスシートを眺めた上で、PER・PBR・ESPを確認する程度です。不動産であれば路線価ベースの積算評価です。もちろん、これだけで投資を決定することはないですが、スクリーニングの段階ではこれで充分です。

 

 

次回につづく

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター