消費者独占型企業 その2

 

消費者独占型企業 その1 のつづきです

 

 

消費者独占型企業には4つのタイプがあります。


1.長期使用が難しく、強いブランド力を持ち、販売業者が扱わざるをえないような製品を作る事業。

 

2.他の企業が事業を続けていくために、持続的に使用せざるをえないコミュニケーション関連事業。


3.企業や個人が日常的に使用し続けざるをえないサービスを提供する事業。

 

4.宝石・装飾品や家具などの分野で、事実上地域独占力を持っている小売り事業。

 

 

いずれも参入障壁の高さが最大の武器となっています。バフェットの挙げる消費者独占型企業の基準を満たす企業で割安な銘柄は、なかなか無いのが現状ですが、投資判断をする上で常に考慮するべき事項であると思います。

 

 

消費者独占型企業 その3 につづく

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター