電力株は消費者独占型企業に該当するのか その2

 

電力株は消費者独占型企業に該当するのか その1 のつづきです。

 

 

①消費者独占力を持つと思われる製品、サービスがあるか
②1株あたり利益(EPS)が増加基調にあるか
③多額の負債を抱えていないか
④株主資本利益率(ROE)は十分高いか
⑤自社株買いを継続してしているか
⑥内部留保利益を利益率の高い新規事業に再投資しているか

⑦インフレを価格に転嫁できるか

 

 

②に関しては、残念ながら当てはなりません。電気料金に国の規制がかかるため、収益性を上げるには経費削減か新規事業しかないのが実情です。

 

 

③は、電力業界は巨大な資本や設備を必要とする資本集約型産業であるため、巨大な有利子負債を抱えており該当しません。同様の理由で④のROEも低くなっています。

 

 

電力株は消費者独占型企業に該当するのか その3 につづきます

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター