築古の木造住宅を用いた節税方法 その6

 

築古の木造住宅を用いた節税方法 その5 のつづきです

 

 

つまり、築22年以上の木造住宅は 22年×0.2=4年 で減価償却できるのです。もちろん減価償却できるのは建物部分のみですが、たった4年で減価償却できるので課税所得金額の削減効果は非常に大きいです。

 

 

しかし築22年以上の木造住宅は、建物価値が非常に低くなっているのではないでしょうか?例えば銀行の担保評価は法定耐用年数に準拠して評価するので、築22年以上の木造住宅の担保価値ゼロになります。

 

 

固定資産評価額は、銀行の担保評価ほどには法定耐用年数の影響をストレートには受けませんが、それでも築22年以上の木造住宅の評価額はかなり低くなります。

 

 

築古の木造住宅を用いた節税方法 その7 につづく

 

 

築古の木造住宅を用いた節税方法 その5 のつづきです

 

 

つまり、築22年以上の木造住宅は 22年×0.2=4年 で減価償却できるのです。もちろん減価償却できるのは建物部分のみですが、たった4年で減価償却できるので課税所得金額の削減効果は非常に大きいです。

 

 

しかし築22年以上の木造住宅は、建物価値が非常に低くなっているのではないでしょうか?例えば銀行の担保評価は法定耐用年数に準拠して評価するので、築22年以上の木造住宅の担保価値ゼロになります。

 

 

固定資産評価額は、銀行の担保評価ほどには法定耐用年数の影響をストレートには受けませんが、それでも築22年以上の木造住宅の評価額はかなり低くなります。

 

 

築古の木造住宅を用いた節税方法 その7 につづく

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター