築古の木造住宅を用いた節税方法 その9

 

築古の木造住宅を用いた節税方法 その8 のつづきです

 

 

<築古の木造住宅を用いた節税方法 その3 再掲>

 

築古の木造住宅が節税効果に大きな威力を発揮するのは、主に下記の3つの理由によります。

 

 

① 不動産所得は給与所得と損益通算できる

② 4年で減価償却できる

③ 不動産関係の経費を費用計上できる

 

 

 

次に③ですが、これは一般的な事業と同じです。つまり不動産経営でかかった経費を費用計上できるのです。もちろん、合理的に説明できるものでなければ経費計上できません。

 

 

しかし、合理的な説明ができる費用に関しては、積極的に経費計上することで損益通産によって課税所得金額の削減が可能となります。

 

 

(給料ー税金)ー 経費 = 手残りのお金 という個人のサラリーマンにとっては、収益 ー 経費 ー 税金 = 手残りのお金 という感覚は、経験したことがないであろう感覚だと思います。

 

 

実際、管理人も給与所得しかなかった時代とは、お金に対する考え方が180度変化しました。お金を使うときの自由度が、大幅に広がったのです。

 

 

築古の木造住宅を用いた節税方法 その10 につづく

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター