銀行と付き合う基本姿勢 その3

 

銀行と付き合う基本姿勢 その2 のつづきです

 

 

銀行から 『 取り引きを継続する価値がある 』 と思ってもらうためには下記が重要です。

 

 

① 経営開示

法人: 決算書の提出

個人: 確定申告書の提出

 

 

② 見込提示

試算表を基に今期の決算見込を提示

 

 

③ 経営計画

今後の経営方針、物件の購入・売却計画・事業承継計画を数値で提示する

 

 

銀行は、不動産経営者が思っているほど会社(事業)のことを理解しているわけではありません。したがって数字で十分に事業状況を説明する必要があるのです。

 

 

※ 取り引きを継続する価値がある = 今後の融資の可能性

 

 

銀行と付き合う基本姿勢 その4 のつづきです

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター