一棟マンションの定期的な大規模修繕は必要か? その1

 

私は、鉄筋コンクリート造(Reinnforced Concrete; RC)の物件を2棟所有してます。築年数が20年程度なので、一般的には大規模修繕を検討する時期に差し掛かっています(越えています)。

 

 

鉄筋コンクリート造(RC造)には下記の如く、主に3種類の工法があります。

 

 

 

上記のうち私が所有している物件は、PCパネル工法です。PCパネル工法とは、あらかじめ工場生産された床・壁コンクリートパネル(板)を、現場で組み立てていく工法です。現場で作るコンクリートに比べ、工期が短くなるほか、品質が安定しているのが特徴です。

 

 

壁式工法やラーメン工法のRC造に関しては、見栄えさえ気にならなければ基本的に壁面塗装の塗り直しは必要ないようです。もちろん1mm以上のクラックが入った場合には、コーキングが必要になります。一方、PCパネル工法に関しては、パネル間のシーリングが劣化するとそこから雨漏りが発生する可能性があります。

 

 

私の所有物件は残念ながらPCパネル工法の物件です。築20年あたりから壁面からと思われる雨漏りが発生するようになりました。建築に関しては素人なので15年ぐらいすると大規模修繕が必要なのだなと漠然と考えていましたが、雨漏りが発生したため再度調べてみると、壁面に関してはクラックやシーリングの補修のみで対応が可能であることを知りました。

 

 

一棟マンションの定期的な大規模修繕は必要か? その2  につづく

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター