不動産賃貸業経営について考える その3

 

不動産賃貸業経営について考える その2 のつづきです

 

 

不動産賃貸経営の大枠とは、現在の所有物件の出口戦略(保有継続・建替え・資産組み替え等)や税務上の問題への対応策から、空室対策(ターゲットや集客手法の検討)まで多岐に渡ります。

 

 

一般的な経営において、こういったことを考えて行動しないとすぐに倒産してしまいます。不動産賃貸業においてはまだそこまで激烈な競争にさらされていないため、ぬるま湯体質が残っています。しかし、徐々に家主の外堀が埋まってきているのが現状です。

 

 

こういった経営の根幹に関わることに注力するために、家主は情報を収集して徹底的に考える業務に徹する必要があると思います。もちろん、立派に社長業をこなした上で時間的な余裕があるのなら、思考能力を必要としない業務を行ってもいいかもしれません。

 

 

不動産賃貸業経営について考える その4 につづく

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター