富裕税とは?

 

1946年に施行された財産税とは? のつづきです

 

 

一方、富裕税はシャウプ勧告によって1950年から2年間だけ導入されました。純資産総額が基礎控除の500万円を超えた場合には、0.5~3%の税率で課税するというものでした。

 

 

しかし、当時は資産の把握がうまくいかなかったようで、税収が上がらず1953年には廃止されました。しかし、現在ではマイナンバー法が導入されて金融資産にまで適応範囲が広がれば、容易に課税することが可能になります。

 

 

そうなると資産に対して毎年課税されることになるので、何らかの対策が必要となります。過去に実施された資産税や富裕税は個人対象であったので、資産を法人に移していくことを検討するべき段階なのかもしれません。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター