マーケットの集合知

 

株式市場などのマーケットでは恐怖や悦楽などの極端な感情が、しばしばバブルや暴落を引き起こします。この世界で勝ち残っていくには、感情をできるだけ抑えて理性的にトレードし続ける必要があります。

 

 

マーケットはプロ同士のお金の奪い合いの場でもあるので、機関投資家の運用者は非常に理性的な視点でマーケットを眺めていると思いがちです。しかし、実際はマーケットそのものに対しては一種の畏怖の念を抱く運用者が多いと言われています。

 

 

マーケットは多種多様な人間の知識や感情を反映して価格を形成するので、一種の集合知が宿ると考えられています。これは特に対象となる銘柄の規模が大きいほど顕著になります。つまり、小型株よりは大型株、個別株よりは指数の方が集合知をより反映するのです。

 

 

マーケットは 『 神 』 なのです につづく

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター