築古木造物件購入のガイドライン

 

最近、不動産市況が非常に好転しているので、なかなか良い物件を購入することができません。まあ、不動産でも株でもそうですが、市況の良いときに購入するとロクなことがありません(笑)。

 

 

そうはいっても、市場がオープンでない不動産においては株式市場と異なり、市況が良好な時期であってもまれにお買い得物件が出てきます。

 

 

そういったお宝物件を購入するには、エリアの特性を考慮した購入ガイドラインを自分の中でまとめておく必要があります。先日、数時間差で悔しい思いをしたので、簡単なガイドラインを作成してみました。

 

 

ざっくりした購入価格の決定方法 につづく

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター