富裕層が銀座の不動産を購入する理由

 

事業法人が銀座の不動産を購入する理由 のつづきです

 

 

では、富裕層の場合はどのような理由で、銀座の不動産を購入するのでしょうか?それは相続税対策です。相続税対策の基本は、総資産額に等しい借金をすることと現金資産保有率を下げることです。

 

 

現金を保有している富裕層は、相続税課税額を引き下げるために時価と路線価の乖離が激しい地域の不動産を欲しがります。仮に現金10億円で、時価10億円・路線価6億円の不動産を購入した場合、相続税課税対象額が10億円から6億円になります。

 

 

したがって、富裕層は資産保有会社を通じて銀座等の時価と路線価の乖離が激しい地域の不動産を購入するのです。逆に銀座の隣の新橋は時価よりも路線価の方が高いそうです。このため、新橋の地価は上りにくいと言われています。

 

銀座の不動産購入が活発化: 管理人の住む地域では? につづく

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター