免責的債務引受とは?

 

相続に融資付き不動産があるときの注意点 のつづきです。

 

 

例えば、長男が借金で建てたアパートを相続する際に、借金も長男が相続することを相続人全員が合意しても、銀行に対しては対抗できないのです。債権者(銀行)から見ると、相続人は連帯保証人と同様なのです。

 

 

将来、長男が返済に行き詰まれば、銀行は他の相続人に法定相続分の返済を請求してきます。相続人は長男に対して求償権を持ちますが、返済不能の長男には資力が無いので泣き寝入りすることになります。

 

 

借金相続には「免責的債務引受」と「重畳的債務引受(連帯引受)」があります。銀行が長男以外の相続人に借金の支払義務を免責する「免責的債務引受」を承諾してくれたら、他の相続人は長男が相続したアパートの借金を引き継がないのです。

 

 

免責的債務引受でリスクを回避しておきましょう につづく

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター