免責的債務引受でリスクを回避しておきましょう

 

免責的債務引受とは? のつづきです 

 

 

抵当権が設定されている不動産登記簿の乙区欄には、債務者として相続人全員の名前が載ります。次の欄には原因を「免責的債務引受」とし、債務者として長男の名前が単独で載るのです。

 

 

銀行から融資を受けている不動産を相続する際には、このようなマイナスの財産の存在を念頭におく必要があることを改めて確認しました。その不動産を相続しない場合には、必ず「免責的債務引受」を銀行に承諾してもらい、無用なリスクを回避しておくことが重要です。

 

 

管理人の場合、親には借金しかないので相続放棄を忘れてそのまま相続すると身の破滅です(笑)。したがって、管理人には相続放棄しか選択肢がないのですが、一見資産価値があるように見えるモノにも、思わぬ落とし穴があることを学びました。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター