修繕積立金の額は妥当なのか?

 

購入を検討する区分所有物件の修繕積立金は不足していないか? のつづきです

 

 

物件概要書を読むだけでは、実際の必要積立額を判断することは難しいです。修繕積立金不足は、物件価値を毀損するのである程度正確に判断することが必要となります。

 

 

月々の修繕積立金の額が妥当なものかを判断するにあたっては、国土交通省が作成した「マンション修繕積立金ガイドライン」が有用です。このガイドラインの中に占有面積あたりの修繕積立金の平均値が記載されています。占有面積1㎡あたり200円程度が平均値のようなので、70㎡の区分所有であれば14000円程度が平均値です。

 

 

購入を検討する物件の管理組合が、このガイドラインの数字以上の積立金を毎月徴収していれば、第一段階はクリアしていると考えて良いと思います。逆にこの数字を大幅に下回るような金額しか徴収していなければ、大規模修繕もままならず将来的にスラム化していく可能性が高いことが予想されます。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター