CFDを用いれば、税制面でのおまけもついてきます

 

なぜ、現在の長期国債先物のショートポジションが「フリーランチ」なのか? その2 のつづきです  

 

 

2012年1月からの税制改正の影響で、CFDでの取り引きは非常に有利になりました。それまで総合課税だったのですが、20%の分離課税に変更されたのです。

 

 

更に3年間の損失の繰越が認められたため、現在の145円という高値が3年以上維持されなければ勝てるという特典までついています。 それまでは単年度でしか損失を通算できなかったのですが、翌年に繰越できるのは非常に大きな税務上の節税効果があります。

 

 

以上をまとめると、下記のごとくになります。

① 長期国債先物に関しては理論上は価格に上限がある

② 国債価格が暴騰している

③ 3年間の損失の繰越が認められた

 

 

この状況で長期国債先物を空売りすることはローリスク・ハイリターンであり、まさに「フリーランチ」  だと思うのは管理人だけでしょうか?

 

 

※ 投資の判断は自己責任でお願いいたします。

  

 

 CFDを用いた長期国債先物取引の懸案事項 につづく

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター