定期借家契約の問題点

 

通知を出さないと定期借家契約の期間満了後は自動的に普通借家契約に移行するのか? のつづきです

 

 

しかし、いざ滞納が始まる等のトラブルが発生すると、不法占拠を解除する裁判が必要になるそうで、賃貸借契約解除の裁判よりもハードルが高くなるそうです。

 

 

更に、定期借家契約は期間満了で契約自体は自動的に終了するのですが、物理的に借家人を退去させるためには別途不法占拠を解除する裁判が必要になるそうです。

 

 

再契約の際に手数料が必要となることや、2回目以降の契約では物理的に室内を占拠しており賃借人の立場が強いので、連帯保証人を確保することが難しくなる傾向があるそうです。

 

 

こうなってくると確実に期間満了の時期が必要である場合やインフレで賃料上昇が見込まれる時期以外では、定期借家契約のメリットを全く感じません。これから、管理人は普通借家契約をメインに据えようと思います。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター