高齢の賃借人を受け入れる際の契約のポイント

 

先日、あや司法書士法人代表の太田垣章子先生の講演を拝聴してきました。その際に気付いたポイントをまとめてみたいと思います。

 

  • 高齢の入居希望者に対しては、高齢者御本人ではなく子供と賃貸借契約することがベスト
  • その際に、入居者は高齢者一代限りとする特約をつける

 

  • 既存の高齢入居者が認知症を発症した場合は、早い段階から行政に相談するのがベスト
  • もちろん、認知症を発症する前から緊急連絡先を確認しておくのが重要です

 

 

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター