「ふるさと納税」はおトクで被災地の応援もできるノーリスクな税金の活用法です!

 

最近、私は「ふるさと納税」にハマッています(笑)。
東日本大震災で被災地に義捐金を送りましたが、数十万円単位の寄付を毎年続けるのは少し精神的に苦しくなってきました。

 

 

一応税金の控除もありますが、控除率が40%程度なので節税的なメリットはありません。効率良く被災地を支援する方法がないかと思案していたところ、「ふるさと納税」を発見したのです。

 

 

今更、ふるさと納税かと思う方も多いでしょうが、今まで私はふるさと納税の有用性を完全に見落としていました。既に毎年6万人以上の方がふるさと納税を利用して、支援したい地方を応援しています。

 

 

ふるさと納税とは、「ふるさと」への寄付金のことです。個人が2,000円を超える寄付を行ったときに、住民税のおよそ2割程度までほぼ全額が税額控除される制度です。

 

 

「ふるさと」とはいうものの、寄付は出身地でなくても全国どこの都道府県、市町村でも可能です。では、なぜふるさと納税が、お得な税金活用法になるのでしょうか?

 

 

なぜ、ふるさと納税はお得な税金活用法のか? につづく

 

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター