5月初旬と比較して金融資産が1300万円減りました

 

管理人は毎月月初めに、所有する金融資産の時価評価を行っています。 今月も例のごとく評価を行いましたが、1300万円も下落していました。

 

 

この大幅下落の理由のひとつは、先週にマンションを600万円で現金買いしたことです。これに加えて5月23日から株価が大きく下落したため、含み益が約700万円程度減ったのです。

 

 

株式の運用額が1億円を越えてくると、少しの変動でも数百万円単位で評価額が変わります。毎月260万円程度のフリーキャッシュフローがありますが、分母が大きいため焼け石に水です。

 

 

管理人の1ヶ月あたりのmax drawdownは、2008年9月~10月のリーマンショック時に記録した約2000万円です。このときはまだ資産規模も小さかったので、総資産に対する変動率は今月と比較にならないぐらい大きかったです。

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター