築古木造物件の契約を締結しました

 

昨夕は、自宅近くにある築不詳(戦前築?)の路地裏木造物件の契約を締結しました。物件価格は250万円なのですが残置物撤去のために手付金が必要だそうで、わざわざ契約と決済の2段階に分けています。

 

 

この物件は1週間前の火曜日の午後16時ごろに懇意の近所の不動産会社から連絡がきました。おもしろそうな物件だったので、18時から物件見学に行くことになりました。

 

 

現地に到着するとすでに前に4人の内覧があったようで、私は5人目でした。私の後には地元では有名な買取業者の内覧が控えていました。

 

 

一通り内覧して物件の状態と価格のバランスが良かったので、その場で買い付けを入れました。おそらく30分遅れたら買取業者さんに持って行かれたと思います。

 

 

以前にも記事にしましたが、私の中では200万円を切る物件は躯体に問題が無ければ即買の対象です。今回の物件は少し考える余地がある価格でしたが、路地や物件の状態が良いのでその場で購入を決断しました。

 

 

この3週間ほどで2物件の現金買いをすることになるので、そろそろ現金が底着いてきました。手元現金の残高が少なくなるとなんだか不安になってきます(笑)。しばらくは、現金を積み上げることに集中しようと思います。

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター