「周囲の人と違うことをする」勇気も持ち続けるべき

 

お金持ちであることに意味や価値があるのか? のつづきです

 

 

日本の社会で生きていく上で、「周囲の人と違うことをする」ということは、大きなリスクに感じるかもしれません。しかし、将来的に成功する可能性を少しでも高めたいのであれば、若い時から絶え間ない努力を続けることはもちろんのこと、「周囲の人と違うことをする」勇気も持ち続けるべきだと思います。

 

 

例えば、サラリーマン(医師なら勤務医)としての成功が出世することだとすれば、それは社長まで登りつめる可能性に賭けることになります。しかし、残念ながら社長に登り詰めたとしても、それほど金銭的な成功を得ることはできません。年収でいえば2000万〜3000万円程度が多くの会社の上限なのです。

 

 

しかも出世をするということには、大きな落とし穴があります。社内での出世に人生を賭けるということは、本人の実力だけではなく運にも左右されます。つまり、かなり低い確率の事象に人生を賭けるということだからです。私には、このアプローチはあまり適切な選択枝だと思えません。

 

 

「正確に比較することはできないですが、優秀な若者がサラリーマンとして生涯で得られる金銭的リターンや精神的リターンと、同じ若者がどこかのタイミングで起業することによって得られるリターンでは、後者の方が確率が高いのではないかと私は思っています。

 

 

成功への近道は? につづく

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター