2004年に敢行したパチンコ店投資の総括

 

先日、駐車場を転貸ししているパチンコ店のオーナーから、店舗を売却するという連絡がありました。このオーナーは既に70歳を越えているため、以前から引退を考えておられました。

 

 

パチンコ店周囲の地主さん20名ほどの土地をまとめて一括で転貸しする取引きを債権化したものを、2004年11月に知り合いの会社から1000万円で買い取りました。月々24万円の転貸料を得ることができる権利です。

 

 

海千山千の内容でしたが、24万円×12=288万円/年の転貸料なので4年弱で回収できる計算です。パチンコ店の経営が傾いたため、2009年11月から転貸料が19万円/月に減額しましたが、2004年11月から2013年5月までの8年6ヵ月で24万円×60+19万円×42=2238万円の支払を受けています。

 

 

契約があと1年間残っているので、その間の転貸料250万円を前倒しで受領します。つまり、2238万円+250万円=約2500万円を受領する予定なのです。

 

 

購入金額1000万円のうち500万円は借り入れだったので、自己資金500万円で2500万円-500万円-500万円=1500万円の利益を得たことになります。自己資金500万円を回収した上での1500万円の利益なので、結果的には悪くない投資だったと思います。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター