金融市場が荒れています

 

昨夜のNYも大荒れの展開でした。FRBが金融引き締めに動くという思惑からダウ平均は大幅に下落しました。原油などの商品先物も下落しています。

 

 

管理人が株式などの金融資産投資を開始したのは2001年ですが、その頃と比べて変動率(ボラティリティ)が高くなっていると感じています。これは日本株や米国株だけではなく、日本国債などの債券も同様です。

 

 

取引所の高速売買導入やレバレッジを効かせた投資ファンドの台頭も一因でしょうが、それだけが理由ではないように思えます。抽象的な話ですが、これだけ情報が瞬時に拡散するようになると、冨の偏在が加速するようになります。

 

 

つまり、お金を稼ぐ能力がある者は乗数的にその能力を高めるために、古くからある金融市場は制度疲労を起こしているのでは?と感じるのです。高度に発展した現在の錬金術は、既存の金融市場の枠内に収まりきらなくなってきているのかもしれません。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター