【悩み(1)】暴落前に高値で買ってしまった。損切りすべき?

 

週刊ダイヤモンド2013年06月29日号:株投資の「六つの鉄則」であなたの悩みにズバリ回答! のつづきです 

 

 

【悩み(1)】暴落前に高値で買ってしまった。損切りすべき?

【悩み(2)】株価が暴落した後、底値と思って買ったがさらに下落、含み損を抱えた

【悩み(3)】暴落前に売りそびれたが、まだ含み益がある。今から売るべきか

【悩み(4)】相場に乗り遅れた。今から買っても大丈夫か?

【悩み(5)】長期運用したいがどう選ぶ? 途中で売っては駄目?

【悩み(6)】バブル期に買って大きく下落した“塩漬け株”はどうすればいい?

 

 

【悩み(1)】暴落前に高値で買ってしまった。損切りすべき?

 

 

いきなり、難しい悩みですね(笑)。株式投資をしたことがある方なら誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。週刊ダイヤモンドの記事ではどのような経歴や実績の持ち主が回答しているのか不明ですが、「相場観を持つのが重要」とのことです。

 

 

つまり、今後の上昇を見通せるのならそのまま保持して上昇局面で売り抜ける、今後の上昇を予想できないのなら早めに損切り、判断できないなら半分売るのだそうです。

 

 

う~ん、そもそも予想が当たれば苦労しません。高値圏であることさえ判断できなかった自分の相場観に従うのは、損の上塗りとなることが多いと思うのは管理人だけでしょうか?

 

 

本当に高値圏なら損切りがベターだと思いますが、逆張り投資家の管理人にはそもそも高値圏で株式を購入すること自体が物理的に不可能なので、何ともコメントしようがありません。

 

 

【悩み(2)】株価が暴落した後、底値と思って買ったがさらに下落、含み損を抱えた につづく

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター