競馬の払戻金の脱税事件

 

テレビや新聞でも大きく採り上げられて話題となった競馬の払戻金の脱税事件の判決が5月23日に出ました。世間の注目は外れ馬券代が費用計上できるかどうかに注がれていました。

 

 

しかし、管理人は配当率が75%といわれている競馬で、あれだけの結果をだすことができたことに驚きました。ニュースによると3年間で28億7000万円の馬券を購入して30億1000万円の払戻金を得ました。

 

 

何も考えずに28億7000万円の馬券を購入すると28億7000万円×75%=21億5250万円です。30億1000万円との差は何と8億5750万円です!

 

 

競馬予想ソフトとJRAのA-PATというインターネット馬券購入サービスを組み合わせて、全競馬場の新馬戦を除く全てのレースの馬券を3年間毎日購入したそうです。

 

 

管理人は競馬を”投機”だと思っていましたが、ここまでのエッジを目の当たりにすると、戦略によっては競馬も立派な”投資”なのだなと感心しました。それにしても世の中にはすごい人がたくさん居るものですね。

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター