最も客付けで苦労しているマンションの最後の1室に入居申し込みが入りました

 

先程、所有している物件で最も客付けで苦労しているマンションの最後の1室に入居申し込みが入り、再び満室に復帰しました。3月末に空室になってから3ヵ月も掛かってしまいました・・・。

 

 

尾嶋流空室対策をベースに物件情報の拡散を周知徹底する手法を実践していますが、この物件に関してはなかなか結果を出せないです。空室対策として、下記の4つを組み合わせて物件情報を拡散しています。

 

 

①周辺仲介業者さん営業

②FAX

③メール・電話

大手ポータルサイトへの広告

 

 

ほぼルーチンワーク化しているため1棟モノでは物件が周知されており、最近では①を省略することが多いです。①~③は仲介業者さんへの周知、④は入居希望者さんへの周知です。

 

 

全て非常に単純な手法ばかりですが、上記①~④を実践している大家さんはほぼ皆無です。仲介業者さんにヒアリングしても極めてレアケースなようです。

 

 

まだまだ物件所有者のレベルはそれほど高くないので、ちょっとがんばればすぐに結果を出せるのが賃貸不動産経営の良い点です。しかし賃貸物件の需給関係はどんどん悪くなっていくことが予想されるので、5年先まで現状が続くかは疑問に思っています・・・。

 

 

※ 大手ポータルサイトへの広告に関しては私も運営者の一人なので、バイアスがかかっている可能性があることに留意下さい

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター