ネット時代の集客の考え方

 

全国賃貸住宅新聞 (2013.7.1)にネット時代の集客の考え方に関する興味深い記事がありましたのでご紹介します。株式会社アールストア代表取締役浅井氏の記事です。目線は賃貸仲介不動産業者さんです。

 

 

不動産という商品はインターネットの登場まで狭域のビジネスでした。不動産屋さんは店舗を中心に案内が可能な範囲の物件を主に取り扱っていました。

 

 

情報を店舗でしか得られない時代には客は店舗に足を運ぶしかなく、その方々をどう逃さずに囲い込むことが出来るかが、狭い商圏におけるシェア獲得の秘訣でした。

 

 

しかし、インターネットの登場で様相は一変し、お客さんは来店しなくても物件検索ができるようになりました。店舗立地の優位性は相対的に薄れ、狭域から広域のビジネスになったのです。

 

 

ウェブサイトへの集客は理論上ほぼ無限大です。これは100人のうちどれだけを囲い込めるかを競う時代から、20万人のうち1%でもよいのでお客さんになってもらう。そんな考え方をすべき時代になっているのです。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター