ブラックスワン対策を考える

 

ブラックスワンをご存知でしょうか?金融界では、米同時多発テロやリーマンショックなど事前にほとんど予想できず、起きた時の衝撃が大きい事象のことを言います。

 

 

認識論学者で元ヘッジファンド運用者としての経験を持つナシーム・ニコラス・タレブ(Nassim NicholasTaleb)が、2006年に刊行した著書「ブラック・スワン(The Black Swan)」で説明している考え方です。

 

 

タレブの提唱した考え方は、「ブラックスワン理論(Black swan theory)」といい、2008年のリーマンショックで一躍世間の注目を集めるようになりました。

 

 

従来、全ての白鳥が白色と信じられていましたが、1697年にオーストラリアでコクチョウ=「黒い白鳥」が発見されたことにより、鳥類学者の常識が大きく崩れることになった出来事から名付けられました。

 

 

確率論や従来からの知識や経験からでは予測できない極端な現象(事象)が発生し、その事象が人々に多大な影響を与えることを総称したものです。

 

 

実際に、ヘッジファンド運用会社の中には、ブラックスワン理論に基づいた投資戦略を持つファンドを運用しているところもあります。

 

 

管理人がブラックスワンに興味を持った理由 につづく

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター