ブラックスワン対策の一例

 

管理人がブラックスワンに興味を持った理由 のつづきです

 

 

安間氏はブラックスワン対策の例として、ブラックスワン理論の本家であるタレブの採った手法について解説しています。具体的に言うと「アウト・オブ・ザ・マネー(=大外)のオプション買い」です。

 

 

分かりやすく言うと、「人間は想像できるは範囲のリスクには過敏に反応するが、想像を超えたリスクについては過小評価する傾向がある。」=「実際に起こる確率に比べてちょい外のオプションは過大評価されやすく、大外のオプションは過小評価されやすい」というリスクの歪を利用した投資法です。

 

 

どうでしょうか?あまり分かりやすくないですね(笑)。実際、この書籍を読んで衝撃を受けた管理人は、2013年の目標のひとつに「オプション取引をマスターしてブラックスワンに備える」を掲げました。

 

 

しかし管理人にとってオプション取引は、現物株式・FX・日経225先物・CFDと比べて格段に難しいと感じています。「コール」「プット」のそれぞれに「売り」「買い」を掛けて合計4パターンの取引が基本になりますが、戦略が多すぎて理解できないのです。

 

 

どうやってブラックスワン対策をマスターするか? につづく

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター