日経225先物やCFDの売りでは力不足です

 

管理人の購入した情報商材 のつづきです

 

 

このように市場全体が暴落するときに自分の金融資産の減少を防ぐことは至難の業です。現物の減少分を追証の危険性を少なくして安全に補うには、理論的にはCFDや日経225先物売りのレバレッジの逆数分だけの自己資金が必要と考えています。

 

 

例えば、金融資産1億円の方がレバレッジ5倍程度で暴落をヘッジしようと思えば、日経225先物であれば1億×1/5=2000万円の自己資金が必要となるのです。

 

 

※ 管理人の感覚であり、一般的にはもう少しハイレバレッジまで許容されていると思います。また、長期国債先物などの理論価格に上限のある原資産の場合には、売りであっても更なるハイレバレッジが可能です。

 

 

追証さえ掛からなければロールオーバー時のスプレッド分の手数料だけで暴落のヘッジは可能です。しかし総資産のかなりの割合の証拠金が必要であることと、ここまで自己資金を費やしても暴落時に資産総額が増えるわけではないのが問題点です。

 

 

これに比べて暴落のタイミングをある程度の確立で予想できると仮定すれば、日経225オプション 暴落暴騰予測型投資法で提唱されている屑プット買いでは、現物資産の減少分を上回る利益を上げることが可能となります。

 

 

屑プット買いの最大のメリットは? につづく

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター