生命保険

 

日本では生命保険ほど一般的な金融商品は無いですが、立場によって利用方法が大きく異なります。一般的には個人の死亡や健康状態のリスクヘッジを目的として利用されることが多いと思います。

 

 

個人の死亡や健康状態をリスクヘッジする目的は残された家族に対する保障なので、個人の生命保険が最も必要とされる時期は第一子が誕生した瞬間だと言われています。

 

 

これが法人になると、節税の観点から生命保険を利用することも可能となります。また、相続税対策としても利用可能であり、個々の置かれている立場や状況によって様々な利用方法があるのです。また資産運用の手段としても利用可能です。

 

 

さて、管理人は生命保険には”保険”としてのリスクヘッジ機能しか求めていないので終身保険や養老保険には全く興味が無く、第1子が生まれたときにシンプルな定期保険にのみ加入しました。

 

 

その生命保険が最近になって満期を迎えました。新たに同条件で契約し直すと月々の掛け金が約1.5倍になります。不動産の融資実行時に団体信用保険にも加入しているのでさほど必要性は高くないですが、まだ子供が小さいため新しい生命保険への加入を検討することになりました。

 

 

生命保険加入で考えたこと につづく

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター