日本国債暴落リスクの高まり

 

管理人は、週刊 ダイヤモンドを毎週定期購読しています。3年一括購入しているので1冊あたり380円です。しかも土曜日に次週号が一足早く自宅に郵送されてくるので本屋さんに行く必要もありません。今回の特集は、日本国債の暴落リスクでした。

 

 

日本国債については以前から非常に関心のある領域なので、興味深く拝読しました。既出書籍のレビュー的な内容だったので、さすがにほとんど知っていることばかりでした。しかし、新たな⑤~⑧の暴落トリガーは初めて知りました。

 

 

まず、日本国債暴落のトリガーとして従来の定説は下記の4つです。これらについては広く周知されていると思います。     

 

  1. 海外格付け機関による格下げ     
  2. 国債入札の未達     
  3. ヘッジファンドによる日本売り     
  4. 自然災害(首都直下型地震、富士山噴火等)

 

 

最近、国債市場のディーラーの間では、これらの従来の定説トリガーに加えて新たなトリガーが恐れられているそうです。

 

⑤ 金利の急低下     

⑥ 異次元緩和の出口戦略     

⑦ ゆうちょ銀行の上場     

⑧ リスク基準の見直し

 

 

詳しい内容は週刊 ダイヤモンド 2013年 10/19号を御参照願いますが、正統派専門家の視点からもドラスティックな日本国債暴落が発生する危険性が高まっていることが理解できると思います。

 

 

ピンチはチャンス!? につづく

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター