債権放棄で資産を移す際の注意点

 

同族法人への貸付金は相続財産! の追記です

 

 

個人資産を無税で法人に移す有効な手段ですが、自分の身に置き換えて考えてみました。まず、法人に貸付けたお金を「債権放棄」することのメリットは下記のごとくです。

 

 

  1. 無税で資産を移転できる
  2. 将来的な相続税額を圧縮できる
  3. 繰越欠損金を有効利用できる
  4. 法人の財務諸表が改善する

 

 

これに対してデメリットは下記のごとくです。

 

  1. 所有不動産の売却等によって利益が出た場合、本来なら利用できるはずの繰越欠損金を消費してしまっている
  2. 法人に対する影響力(支配力)が弱くなる
  3. 法人が倒産した際には、放棄した債権が無駄になる

 

 

デメリット①のように、利益が出る可能性が高い時期には、あまり積極的に債権放棄しない方が望ましいと考えます。昨今の不動産市況の過熱振りを見ると、繰越欠損金を温存しておいた方がよいのかももしれません

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター