彼らの給与が高い理由は?

 

 

日本のお金持ち研究によると、日本のお金持ちには2大派閥があります。それは企業経営者と開業医です。企業経営者の中でも特に創業者の財産は大きい傾向があります。

 

 

しかし、新しくできた会社が倒産する確率は極めて高く、10年後に存続しているものは極少数です。しかし富裕層に到達するには単に存続しているだけでは意味が無く、成功している会社となる必要があります。

 

 

そして、当然のことながら成功している会社の数は更に少なくなります。このような極めて厳しい現実があるので、安全に収入を増やす手段として資格取得が盛んです。

 

 

では、資格取得で収入が増えるのか?というとその可能性は低いと言わざるを得ません。何故なら社会人になってから容易に取得できる資格に希少性がないからです。

 

 

敢えて、従業員サイドにフォーカスを絞ってみます。労働市場において、ある人の給与はどのようにして決まるのでしょうか。学歴でしょうか?資格でしょうか?答えは、「その人の代替要員がどの程度容易に見つかるか」です。

 

 

コンビニ従業員の代替要員は、ほとんどの方で可能です。反対に芸能人やプロ野球選手などでは代替要員がほとんど居ない場合が多いです。つまり給与は学歴・資格・仕事の難易度とは直接関係なく、代替要員が見つかる容易さで決定されるのです。

 

 

この点を見誤ると、東京大学の大学院卒業のポスドクような状況に陥ってしまう可能性があります。何度も言うように給与の多寡は、学歴・資格・仕事の難易度とは直接関係なく、代替要員が見つかる容易さで決定されるのです。

 

 

「司法試験や医師国家試験は最難関の国家資格試験だから、その試験に合格すれば給与が高くなって当然だ」と考える方は注意が必要です。彼らの給与が高いのは、資格取得の難易度や職業の尊さではなく、代替要員を見つけるのが極めて難しいからです。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター