孤独死・事故死に取るべき行動

 

全国賃貸住宅新聞の2013.10.28号に孤独死・事故死の前後に取るべき行動という記事がありました。日本橋さくら法律事務所の上野晃弁護士のセミナー記事です。

 

 

管理人も数年前ですが所有物件で孤独死を経験しました。確率的にはそれほど頻回に発生することではないですが、発生した場合の被害は相当大きくなるケースが多いようです。

 

 

その時の経験を念頭に記事を拝読しました。上野弁護士は孤独死が起きてしまったら、まずはお金の話よりも残置物のことを親類縁者に話すことが重要だと説いています。

 

 

お金の話を先にしてしまうと残置物を片付けずに逃げてしまう可能性があるからです。残置物が残っているといつまで経っても新しい入居者を入れることができません。

 

 

この点は、私も重要だと思いました。残された遺族の気持ちを汲みつつ、家主としてはお金の話よりもまず残置物の処理をお願いすることが望ましいでしょう。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター