4つのポイントの要約

 

成功はランダムにやってくる のつづきです

 

 

① クリック・モーメントを生み出す

 

成功した人物や企業には、他よりもはるかに大きな影響を与えた瞬間・出会い・印象・洞察があります。このような成功する転換点となった瞬間を著者は”クリック・モーメン”トと名付けました。

 

 

クリック・モーメントは異なる文化、領域、学問が交わる環境で起こりやすいです。 クリック・モーメントの発生は予測不可能なのですが、自分の専門分野に閉じこもることなく様々な分野からの刺激に身をさらすことでクリック・モーメントを起こして新しい画期的なアイデアを生み出す可能性が高まります。

 

 

自分と異なる分野・産業・文化に触れることでアイデアを得る可能性が高まるのです。このためには自発的に接点の多い環境を作る必要があります。これには自分と異なる分野の人と会ったり、普段しないことを積極的に行うことが重要です。

 

 

② 目的ある賭けをする

 

クリックモーメントはチャンスを作り出しますが、それだけではあまり意味がありません。何らかの意味を生み出すためにはそれに続けてある種の行動をとらねばなりません。

 

 

クリックモーメントで得たチャンスを成功に導くために意図的に行う賭けを著者は”目的ある賭け”と呼んでいます。

 

 

1回の目的ある賭けで成功する確率は低いですが、賭けの回数を増やせば増やすほど成功しやすくなります。グーグルは高率に成功するサービスを開発しているイメージですが、多くのサービスを立ち上げては上手くいかないと判断すると短期間でサービスを終了する典型的な多産多死方式です。

 

 

何度も賭けをするとクリック・モーメントを効果的に利用できますが、利用できる投資額には制限があります。成功の可能性はアイデアやプロジェクトに投資した金額と相関はないので、賭けの規模を小さくすることが理にかなっています。

 

 

小規模の賭けをすると、幸運を得る機会が増えるだけでなく、アイデアを繰り返し試すことができます。アイデアを成功させるためには、何度も試すことが重要なのです。

 

 

実行可能な一歩を踏み出すためには手持ちの資源について創造的に考える必要があります。著者は余分な予算や時間がない状態でそのアイデアをテストすることを推奨しています。

 

 

4週間以内にテストできるようにプロジェクトの規模を見直すのです。 更に投資収益率(ROI)ではなく許容損失額を計算することで、プロジェクトが失敗したときにあなたが危険な状態になるかを確認しておきます。

 

 

最初のアイデアに失敗した場合、あと何回トライする余裕があるかを計算するのです。理想的には大きな困難もなく事業を継続できなければなりません。

 

 

もし一度しかトライする余裕がないのなら、賭けの規模を最小限に抑えるべくプロジェクトの規模を見直すべきです。

 

 

③ 複雑エネルギーを利用する

 

この世界では記録したり説明したりできないほど多くの力が働いていて、それらの力はランダムに作用し合い効果を高めています。このように予想外の形で出来事や行動を変化させ、増殖させるランダムな力のことを著者は”複雑エネルギー”と呼んでいます。

 

 

複雑エネルギーは、予期せぬ結果、カスケード(予想をはるかに超え、波紋のように広がる結果を招く行動)、自己強化ループから成ります。

 

 

プロジェクトに関する特殊な複雑エネルギーを意図的に生み出すことはできませんが、生み出された複雑エネルギーを利用することはできます。

 

 

複雑エネルギーを利用するためには、そのエネルギーが引っ掛かる場所(フック)を作らねばなりません。このためにはプロジェクトを進める前に詳細や細部を全て理解する必要はなく、何でもいいからとにかく始めることが重要です。

 

 

驚きに注目することも重要です。私達は予想やニーズと一致しない結果を見落としたり無視しがちですが、驚きと異常値はとても重要です。

 

 

複雑エネルギーによってチャンスの窓が不意に開いたり閉じたりします。チャンスの窓が開いている時間は長くないので、複雑エネルギーによって状況が変化する前に急いで決断できるよう準備をしておく必要があります。

 

 

複雑エネルギーの究極の目的は、自己強化ループやカスケードによって成功がひとりでに大きくなることです。複雑エネルギーを生み出す方法を解明することはできませんが、それが生まれたときに利用できるように準備しておくことが重要です。

 

 

④ 倍賭けする

 

全ての複雑エネルギーをコントロールすることはできないが、物事がうまくいき始めるとき、それに気付くことはできます。

 

 

そうなったときには倍賭けするべきです。こういう瞬間はめずらしく、毎日起きることではありません。私達は複雑エネルギーをコントロールしたいという欲求を持っていますが、それはとても難しいです。

 

 

そのかわりに複雑エネルギーが引っかかるフックを作っておき、プロジェクトのどれかがそれに引っ掛かったことを確認してから倍賭けするのです。

 

 

ここで言う”倍賭け”とは、上手くいって欲しい、大成功して欲しいという期待を持って、時間・資金・能力・その他の資源をプロジェクトに投入することです。

 

 

ランダム性を投資行動に応用する につづく

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター