ランダム性を投資行動に応用する

 

4つのポイントの要約 のつづきです

 

 

ここ2日間のブログで、成功は”ランダム”にやってくる!の書評を記事にしましたが、この書籍の内容を資産運用に当てはめてみました。

 

 

 

テニスやチェスなどの厳密なルールがある世界ではイノベーションが起きる余地が無いので、専心努力して確立された勝利の方程式をマスターすれば成功する確率が高いです。これに対して社会的規範のゆるい分野ほどルールがすぐに変化するため、確実に成功する手法は存在せず予測できない方法で初心者が参入して成功を収めることが可能となります。そして現実社会は後者に属します。

 

 

 

ランダムな出来事に運命を左右されることが増えている現代社会では、確実に投資で成功する方法は存在しません。しかし、厳密なルールがある世界ではイノベーションが起きる余地が無いので、状況は異なります。つまり、確立された勝利の方程式をマスターすれば成功する確率が高いです。

 

 

書籍ではテニスやチェスが厳密なルールがある世界の代表として紹介されていますが、資産運用においては税務がこの分野に当てはまると思います。

 

 

税法によって規定されており、節税するためのノウハウも確立されているからです。税制に精通することで節税を通じて手元資金を厚くできる確率が極めて高くなります。 

 

 

このように節税は努力がストレートに結果に結びつく可能性が一般の投資行動と比べて極めて高いので、まずは節税を行い手元資金を厚くすることで有利な資産状況を確保することは非常に理にかなっていると思います。

 

 

節税で得た有利な資産状況を武器に、ランダムな出来事に運命を左右される現代社会においてクリック・モーメントをつかむ努力(資産運用)を続けるのです。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター