逆張り投資家として円安にどう臨むか

 

円安が加速しています。27日のニューヨーク外国為替市場の円相場では、一時、1ドル=105円19銭と2008年10月上旬以来、約5年3か月ぶりの円安・ドル高の水準になりました。

 

 

トレンドがかなりはっきりしているので、逆張り投資家としては外貨売りを仕掛けても良いのは?と思うかもしれませんが、はっきり言ってこれは自殺行為です。

 

 

”逆張り”といっても底値があるモノだけが投資対象なので、通貨売りのような底値の無いモノに対して逆張りするのは極めて危険な行為だと思います。

 

 

逆に通貨の買いであれば、基本的に逆張りは”アリ”だと考えています。時間の無い個人が世界中のプロ投資家がシノギを削る戦いに勝つには、はっきり言ってこの手法しかないと思います。

 

 

結論的には今の為替の状況では、逆張り投資家が利益を得る機会は少なそうです。したがって、いつもお決まりの結論ですが、管理人は冬眠状態を決め込んでいます。

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター